投資には「和心」が重要

kabu

機関投資家は常にベンチマークの指標や競合する運用会社と比較され続ける。

長期的に有望な銘柄と判断しても、すぐに成果を残すために投資を断念するときもある。

個人の武器は時間と言うが、本当にその通り。長期とは「時間的な制約がない」という意味だ。

株を保有する企業に成長の時間を与えられる。

ただし、個人は自由だからこそ、自分の投資をしっかり把握していないと下落局面で逃げてしまったり、おかしな商品に手を出したりしてしまう。

まず「投機」と「投資」の違いを知った方がいい。前者はサイコロのように法則性がなく、結果をコントロールできない。

実は投資と資産運用も異なる。資産運用は「資産を運んで用いる」と書く。

人生全体で資産を殖やしながら必要に応じて使うことだ。投信を10万円分買って倍に増えても、投資としては成功だが、老後を見据えた資産運用として完結しない。

資産を必要な水準まで殖やしてこそ、資産運用であり、長期投資はその有効な手段に位置付けられる。国や勤務先は老後まで面倒を見てくれない。

将来の自分を支えられるのは現在の自分だけだ。

誰もがリターンをコントロールしようとするが、それは不可能。投信選びの際には、A(アロケーション=資産配分)、R(リスク)、C(コスト)の3つを意識すればいい。

「購買力の維持+α」を目標と定めるなら、今後のインフレに備えて、物価連動国債投信とグローバルなインデックス投信という組み合わせを推奨している。

保有投信全体に株式投信が占める比率は50歳ぐらいまでは8割でもいいと思う。

ただし、インデックス投信でも特定の国や地域だけ買うのはお薦めしない。

ピーター・リンチやウォーレン・バフェットのような銘柄選択能力があるなら構わないが、一時的に勝てても、勝ち続けるのは困難だ。

例えば長期のイメージには、子孫たちの時代まで含める「永代」がよく似合う。

他にも万物への感謝を表す「おかげさま」。この言葉は世界的な経済成長の恩恵を受けられるグローバルインデックス投信に通じる。

そして「知足」。意味は「足ることを知る。欲張らない」だ。

投資はそこそこしか勝てない。それで満足して、強欲にリターンを追い求めないことが肝要になる。

管理人

Comments are closed.